IRポリシー・免責事項

IRポリシー

1.情報開示に対する姿勢
当社は、株主や投資家を含む当社のあらゆるステークホルダーの皆様に対し、迅速かつ公平な情報開示に努めます。また、証券取引法等および東京証券取引所の諸規則を順守し、情報開示を行ってまいります。当社は、ステークホルダーの皆様に、当社に対する理解を深めていただき、当社の企業価値を正当に評価していただくことを目的としています。
2.情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従って、適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しております。TDnetにて公開した情報は、当ホームページにて速やかに掲載してまいります。また、適時開示規則に該当しない情報に関しても、適切な方法により正確かつ公平に投資家の皆様にお伝えしてまいります。よって、当社の開示情報の確認をされたい場合には、当ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせて参照することをお勧めいたします。
3.業績予測
当社は、各四半期ごとの業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけてまいります。当社が発表する業績予想などの将来の予想に関するものは、発表時点での予想であり、その後、前提を変更する場合、予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。
4.IRポリシーの社内徹底
当社は、このIRポリシーを当社およびグループ全体に浸透させ、徹底させてまいります。株主や投資家の方からのお問い合わせにつきましては、全てIR担当部門(管理部 経営企画課)が対応いたします。これは、当社および社員を証券取引法を含む法的責任から保護することを目的としています。
5.IR自粛期間
当社は、各四半期の決算発表予定日の4週間前から発表当日までの間を「IR自粛期間」とし、この期間内は特定の投資家もしくは媒体に対する業績見通しについてのコメントを差し控えさせていただいております。この期間は、決算内容や業績見通しなどに関する問い合わせへの対応を控えさせていただきますので、ご理解いただけますようお願いいたします。ただし、この期間中に重要な事実が発生した場合については、適時、情報開示を行います。
PAGE TOP

免責事項

当ホームページに掲載しているIR情報は、日本ロジテム株式会社および関係会社(以下当社)の情報提供を目的としております。これは、当社の株式の購入や売却などを勧誘するものではありません。

当ホームページの情報および当ホームページからリンクが設定されている他のホームページの情報の内容については細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の内容が正確であるか、更新時期が適切かどうかなどについて一切保証するものではありません。

また、掲載された情報またはその誤りやデータのダウンロードなど、当ホームページに関連した生じた損害または障害などに関しては、その理由の如何を問わず、当社は一切の責任を負うものではありません。

当ホームページに掲載されている、当社の現在の計画、見通し、戦略などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績などに関する見通しであり、これらは、現在入手可能な情報をもとにした当社の経営陣の判断に基づいており、リスクや不確定な要因を含んでいます。実際の業績は、経済情勢、業界における競争状況、法的規制等などさまざまな要因により、これら業績などに関する見通しとは大きく異なることがあり得ます。

また、当ホームページにおいては、当社が証券取引所等に開示している情報の全てが掲載されていない場合または開示している情報とは異なった表現がなされている場合があり、予告なしに内容を変更し、または削除する場合もありますので、あらかじめご了承ください。以上のことを理解していただき、投資に関する決定をされる場合には、当社が発行する有価証券報告書などの資料をご覧いただくなどして、ご自身の判断で行われるようお願いいたします。

このページのトップへ戻る
日本ロジテム
COPYRIGHT (C) 2012 JAPAN LOGISTIC SYSTEMS CORP. ALL RIGHTS RESERVED.