マネジメントメッセージ

代表取締役社長 中西弘毅

日本ロジテムグループは、「日本一信頼される企業グループ」を目指し、ステークホルダーの皆様からより一層の信頼を得られるよう、グループ一丸となって業務に邁進してまいります。

今後の取り組み

 

 当社グループは、平成29年度を初年度とする3ヶ年の中期経営計画を策定いたしました。時代が求める物流ニーズを敏感に捉え、ダイナミックに応える体制をとり、基本戦略に定めた「輸送力の強化」「成長市場へのシフト」「国際物流の強化」を着実に実行することにより、最適な物流サービスの提供を目指してまいります。また、変化する環境に適応した企業グループへの転換を促進し、経営基盤の強化を図ってまいります。

 国内につきましては、輸送力を強化し当社グループのコア事業である貨物自動車運送事業のサービス力および収益力の向上に注力してまいります。また、ニーズに応じた機動的な拠点展開を進め、成長が見込まれる通販物流をはじめとした分野の事業拡大を図ってまいります。さらに、グローバルな営業開発を推進し国際物流の強化を目指してまいります。海外につきましては、引き続きアジア地域の事業展開を加速させるため、インドシナ半島地域においてグループ各社の連携を一層強化するとともに、同地域の国際陸上輸送網の整備を進めてまいります。中核を担うベトナムにつきましては、冷凍冷蔵倉庫事業を含め更なる拡大を図ってまいります。

PAGE TOP

大型2拠点は、ともに高稼働で堅調に推移

 平成28年5月に開設しました「綾瀬営業所」(神奈川県綾瀬市)は、主にインテリア、食品、日用・衛生用品などを取扱い、幅広い得意先の物流拠点として、順調に稼働しております。業績面での貢献も高く、神奈川エリアの中核拠点として機能しております。また、平成28年10月に開設しました「吉見営業所」(埼玉県吉見町)も通販関連など新規得意先の誘致が進み、着実に倉庫稼働率を上げております。両拠点とも引き続き大型拠点としてのメリットを最大限活かした営業活動を展開してまいります。

PAGE TOP

「通販営業部」を新設、通販物流の営業体制を強化

 当社は、拡大する通販物流ニーズに対応するため、平成29年1月1日付で新たに「通販営業部」を設置いたしました。近年、スマートフォン・タブレット端末の普及や通販サイトの利便性向上などからEコマース市場は拡大を続けており、通販物流に対するニーズが旺盛なものとなっております。当社グループにおきましても、通販関連の得意先が増加しており、更なる取り扱いの拡大が見込まれております。今後は、同営業部を中心にノウハウの集約、オペレーションの効率化を進め、事業の拡大に取り組んでまいります。また、当社グループは3PL事業の拡大を成長戦略の一つと位置付けており、営業体制を強化することで通販関連においても、包括的な物流業務の受託を目指してまいります。

 

PAGE TOP

グループの組織再編により効率化を図る

 平成28年7月に、連結子会社ロジテムエンジニアリングの物流事業を当社に統合いたしました。これによりロジテムエンジニアリングは、経営資源をオフィス什器の施工や建設の事業に集中させ、より一層専門性の高いサービスの提供に注力してまいります。統合した物流事業については、当社の運営により更なる効率化を図ってまいります。また、平成28年10月1日には、連結子会社であった角谷運送を当社に吸収合併し、管理体制を一元化いたしました。これにより、中部地区における貨物自動車運送事業の効率化を進め、サービス力および収益力を高めてまいります。

PAGE TOP

ベトナムの冷凍冷蔵倉庫事業で、営業活動を推進

 ベトナムの持分法適用関連会社「CLKコールド・ストレージ」は、平成28年7月に事業を開始いたしました。同社は、マイナス50℃の超低温を含め多様な温度帯に対応した最新鋭の機能を備えた冷凍冷蔵倉庫を有しており、現在は、アイスクリームなど多様な貨物を保管しております。ベトナムにおいては食品を中心に冷凍冷蔵品に対する物流ニーズが今後ますます高まるものと考えており、引き続き積極的な営業活動を展開してまいります。現在、当社ベトナムグループでは、ホールディング会社を筆頭に「CLKコールド・ストレージ」を含め7社で事業を展開しております。多様化する物流ニーズに応えるため、今後もさらに倉庫設備・事業用車両・人材など経営資源を効果的に投入し、ベトナムにおける優位性を高めてまいります。

 

 
PAGE TOP

インドシナ半島地域のクロスボーダー輸送を拡大

 平成28年6月、カンボジアのプノンペンに当社100%出資の現地法人「ロジテムカンボジア」を設立いたしました。現在、同社はベトナムやタイで培ったノウハウを活かした陸路主体の輸送サービスの提供に向け、事業基盤の構築に取り組んでおります。同社の設立により、インドシナ半島地域5ヶ国での営業展開が可能となりました。そのため、同地域の子会社10社が強固に連携し、グループ一体となった営業展開の強化をねらい、平成28年11月、タイのバンコクに駐在員事務所を開設いたしました。

 同地域においてはAEC(アセアン経済共同体)の発足などにより、荷動きが活発となることが想定されており、国際陸上輸送に対するニーズがますます高まるものと考えております。日系物流企業の進出や現地物流企業の台頭など、競争は激化しておりますが、当社グループはいち早く進出したメリットを活かしつつ、この駐在員事務所を中心に国際陸上輸送網の整備を進め、ネットワークの拡充と各社の事業規模の拡大を図り、インドシナ半島地域におけるクロスボーダー輸送の拡大を推進してまいります。

 
PAGE TOP
このページのトップへ戻る
日本ロジテム
COPYRIGHT (C) 2012 JAPAN LOGISTIC SYSTEMS CORP. ALL RIGHTS RESERVED.