マネジメントメッセージ

代表取締役社長 中西弘毅

日本ロジテムグループは、「日本一信頼される企業グループ」を目指し、ステークホルダーの皆様からより一層の信頼を得られるよう、グループ一丸となって業務に邁進してまいります。

総合的な拠点展開を進め、首都圏・中京圏の営業体制を強化

 当社グループの拠点展開につきましては、2021年2月の「川越センター」に続き、4月には「坂戸営業所」(埼玉県坂戸市)および「平塚営業所」(神奈川県平塚市)を開設し、首都圏の営業体制の強化に努めてまいりました。また、中京圏につきましては、2020年2月に開設いたしました「名古屋大高センター」(愛知県名古屋市)のほか、2021年7月に「愛西センター」(愛知県愛西市)を開設し、拠点展開を進めてまいりました。

 引き続き、市場トレンドや得意先のニーズに幅広く対応した拠点展開を推進し、さらなる事業の発展を図ってまいります。

PAGE TOP

国際陸上輸送への取り組み

 海外におきましては、海上コンテナの不足や港湾業務体制の不安定化などから、海上輸送の代替手段として国際陸上輸送のニーズの高まりもあり、タイを中心とした隣国間の輸送に加えて、ミャンマーからタイ・ラオス・ベトナムを経由した中国への輸送ニーズに対しても各国の拠点網を活用して取り組みを実施しました。

 進出地域におきましては、感染症の拡大、政情の混乱などから、一部地域では経済活動・社会生活が制限され、極めて厳しい環境下にありますが、現地状況に的確に対応して業務を遂行しております。

 
PAGE TOP

「人財開発室」を新設し、物流人財の育成を推進

 近年、物流業界は、多様化・高度化する物流ニーズへの対応が求められる中、恒常的な人手不足や頻発する自然災害など様々な対処すべき課題に直面しており、取り巻く環境は厳しさを増しております。

 このような状況において成長を続けるためには、グループ全体の業務遂行能力の底上げを図り、得意先の様々な物流ニーズや社会課題に対して的確に対処できる体制を構築することが必要であると考えております。

 この体制の実現に向けて人財の育成を一層推進するため、2021年9月に「人財開発室」を新設いたしました。

 今後、物流現場はデジタル化が進み、物流人財に期待される役割や能力も変わることが想定されますが、研修体系および内容を強化しながら、幅広い知識の習得、能力開発等を推進し、変化に適応できる人財の育成に取り組んでまいります。

PAGE TOP
このページのトップへ戻る
日本ロジテム
COPYRIGHT (C) 2012 JAPAN LOGISTIC SYSTEMS CORP. ALL RIGHTS RESERVED.