マネジメントメッセージ

代表取締役社長 中西弘毅

日本ロジテムグループは、「日本一信頼される企業グループ」を目指し、ステークホルダーの皆様からより一層の信頼を得られるよう、グループ一丸となって業務に邁進してまいります。

先端技術の導入に向けた取り組み

 AI・IoTをはじめとする先端技術を活用した自動化・省人化設備の導入を進めております。

 2020年度はこうした取り組みの一環として、新設した「AI・IoT推進課」が中心となり、物流事業における先端技術の活用に向けて準備を進めてまいりました。

 2021年4月には、業務の省力化・省人化を図ることを目的として、「千葉営業所」(千葉市稲毛区)において、追従型AGV(無人搬送車)を導入いたしました。また、「横浜第一営業所」(横浜市瀬谷区)において、AMR(自律型協業ロボット)を今期中に導入する予定をしております。

 今後もこれら取り組みにより、業務の効率化を実現するとともに、社員の作業性を改善し、少子高齢化に対応したより働きやすい職場環境の実現を目指してまいります。

PAGE TOP

埼玉県川越市に拠点を開設し営業体制を強化、続いて2021年度春に2つの大型拠点が誕生

 埼玉エリアにおいて新たな営業展開を図るため、2021年2月に「川越センター」(埼玉県川越市)を開設し営業体制を強化いたしました。同拠点は、敷地内に危険物倉庫を併設するなど得意先の多様な物流ニーズに応えられるスペックを有しております。今後は、フル稼働を見据え営業活動に注力するとともに、強固なオペレーション体制を構築し収益の早期安定化に取り組んでまいります。

 また、2021年4月に「坂戸営業所」(埼玉県坂戸市)および「平塚営業所」(神奈川県平塚市)を開設いたしました。開設にあたっては2020年度にそれぞれ準備室を設置し、円滑な立ち上げに向け体制を整備いたしました。両拠点とも各エリアにおける3PL事業の拡大を志向しており、中核拠点として近隣の事業所と相互に連携をとりながら機能を発揮してまいります。

 

 引き続き、市場の動向や得意先ニーズを踏まえた戦略的な拠点展開を推進し、成長を図ってまいります。

PAGE TOP

海外においても営業拠点を強化

 ベトナムでは2020年2月に南部ホーチミン市近郊、ビンズン省に建設した自社倉庫「サウスロジスティクスセンター」が稼働を開始し、当地周辺に点在していた拠点を集約することにより、作業効率とサービスレベルの向上に努めました。

 さらに、タイでは2020年4月にバンコク市近郊、国際空港のあるサムットプラカーン県に新拠点「スワナプーム倉庫」を開設して新規顧客の物流業務を受託いたしました。

 このように、海外においても新型コロナウイルス感染症拡大等で厳しい状況の中、業容拡大に努めました。

PAGE TOP
このページのトップへ戻る
日本ロジテム
COPYRIGHT (C) 2012 JAPAN LOGISTIC SYSTEMS CORP. ALL RIGHTS RESERVED.