情報

国際的なロジスティクス・ネットワークから生まれる情報を的確に処理。リアルタイムでお客様に提供できる情報システム

経営戦略を支えるロジスティクス・システムを構築

日本ロジテムでは、これまでお客様の発注から出庫、出荷における処理・管理・計画をサポートする情報システムの構築を多数お手伝いしています。在庫情報や出荷情報は重要なマーケティング情報としての価値が高まっており、ロジスティクスが企業経営に果たす役割も重要になっています。

確実・迅速・低コストを実現

これまで日本ロジテムがサポートしてきたロジスティクス構築においては、とりわけ伝票やコードの標準化やコンピュータソフトの互換によるスピード化に注力してきました。これにより、物流の集約化と諸機能のトータルコントロールが可能となるため、コストの低減やサービスの向上に大きな成果をあげています。さらに、企業のマーケティング戦略への情報提供が可能となり、ロジスティクスが企業経営に果たす役割がますます増大しています。

主な情報サービス
WMS※1 (倉庫管理システム)

物流形態の適合した仕組みを構築し、情報システムによる物流高度化を推進しています。在庫管理・出荷商品のトレーサビリティなどお客様のニーズに対応した倉庫管理システムを開発しています。

※1 WMS(Warehouse Management System):倉庫管理システムの略。倉庫での入荷から出荷までの業務を効率化するためのシステム。

  • WMS
  • WMS
Logi-ラベ(Logitem Label System)
[さらに進んだ共同配送システム]
日本ロジテムでは共同配送のメリットをさらに拡大させるために送り状データのEDI化(商取引に関する情報を標準的な様式に統一して企業間で電子的に交換する仕組み)を進めています。「統一荷札」のみで出荷が可能になり「送り状レス」が実現し、作業効率がアップします。
  • Logi-ラベ
  • Logi-ラベ
こちらもご覧ください
Logi-ラベ
このページのトップへ戻る
日本ロジテム
COPYRIGHT (C) 2012 JAPAN LOGISTIC SYSTEMS CORP. ALL RIGHTS RESERVED.